読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疾風 鋭くなって

気合いで生きている

飼育委員をやらせてもらえなかった

 

当時僕が通ってた小学校には飼育小屋があり、ニワトリやウサギを飼っていたのです(現在は恐らく何もいません)

僕は結構動物が好きで、友達の家の犬や猫と遊ぶのも好きでした。だから委員会も飼育委員をやりたかったのですが、なんと母親が大の動物嫌いという理由で猛反対されました(笑)

 

「飼育委員?!絶対ダメだからね!!動物触るなんて…ヒーーー!絶対ダメ!他の委員会入らなかったら怒るからね!!」

 と、おおよそこのような感じで怒られたような記憶があります。悲しい…

 

飼育委員になると朝早く餌やりのために登校しなくちゃで確実にバレるのでクラスで生き物係をやったことがある気がします(笑)

亀の餌やりとかのやつ。水換えとか。

うーん動物、、、っちゃ動物だけど、僕は多分、あの、毛がふさふさしてるやつらが好きな気がしますね(笑) 

 

今は亀を小学校で買うことが禁止されているらしく、ペットショップ等でもめっきり見なくなったようなそんな事ないような…

 

 

 

 

今日は動物の話をしたかったわけではなく、生き物係ではなく、いきものがかりの好きな曲のことを書こうと思い、前置きに450文字近くも使ってしまった次第です。

 

中学生の時によく聴いていたいきものがかり、この前とある場所でふと「コイスルオトメ」が流れていました。古い!懐かしすぎる!と、完全に1人で中学生にタイムスリップ。

 

ゆっくりと ゆっくりと あたしを抱きしめて
微笑む あなたの 鼓動はリズム
好きだよ 大好きだよ いつまでもいっしょ
恋する あなたには あたしだけなの

 

今聴いても、聖恵ちゃんの力強い歌声がぶっ刺さります。いきものがかりのバラード曲の中ではダントツで好きですね。バラー丼(バラードを集めたいきものがかりのアルバム)にもちゃんと入ってますし。

茜色の約束」や「帰りたくなったよ」も好きですけど、やっぱり(柄にもなく)コイスルオトメ。コイスル…オトコ…(?)

 

 

逆に、アップテンポわくわく部門といえばやはり「気まぐれロマンティック」でしょう!これは有名ですね〜〜

これも歌ってる内容はコイスルオトメ同様、私のダーリン(あなた、運命の人、白馬の王子様 etc.)的なことなんだろうけども、この!ハイテンション具合!彼らはバンドのはずなのにもはやバンドじゃない!オーケストラ!www

いやー好きです。もう前奏でわくわくしますもんね。

 

あとは、個人的夏部門では「青春ライン」と「夏空グラフィティ」がランクインです。

夏になると思い出す曲のうちの2つです。

他のアーティストだとベタですがYUIの「SUMMER SONG」(激懐かしい)が該当します。

 

青春ラインは確か、おおきく振りかぶってのop曲だった気がします。MAJORも好きでしたが、おお振りの方が登場人物が好きだった気がします。昔すぎて記憶が曖昧です…

夏のグラウンドとか、白線を飛び越えるとか、青春とか、曲がしっかりアニメの世界観に合っていると思います。サビも前乗り!って感じですね。ライブで盛り上がりやすい、はず。

 

 

 

実はここから紹介する曲が僕が最も好きなシリーズで、題して"かっこいい系部門"です。

かっこいい系?ドユコト?と言われますと実際うまく説明できないのですが、いきものがかりといえば、明るく、ポップで、日本の皆さんが聞きやすいJ-POPである と認識しています(個人の意見です)

しかし僕が好きないきものがかりの曲は、明るいかどうかと言われるとどちらかと言うと暗め…マイナーコード感が漂って、渋くて、時にちょっと昔の歌謡曲感があるものが大好きです。

 

「ありがとう」や「じょいふる」とはまた違ういきものがかりの好きな曲、僕は

 

秋桜

「くちづけ」

花は桜 君は美し

 

この3つを激推しします。

 

まず「秋桜」、コスモスですね。

もうこの曲はいつものいきものがかりじゃない!と、中学生ながらアルバムを買って聴いた時ビビっときました。この歳になってから思うのは、これは歌謡曲っぽいな〜〜って。昔のアイドル、例えば山口百恵さんや中森明菜さんが歌ってるような雰囲気だと感じました。偶然にも山口百恵さんも秋桜という曲名の曲を歌ってましたね。関連があるかはわかりませんが…

 

両親が歌謡曲好きで、昔からこう言う曲調や雰囲気には慣れ親しんできたからこそ気に入ったのかもしれません。あとあんまり聴いた回数がない気がしますが「ニセモノ」も歌謡曲感があります。ピンクレディのイメージ。

 

きらびやかを纏ったとして

後に何が残るでしょう
渦巻くは欲望の煽り 少し濡れた香り
世知辛いな世間と知って

見え隠れするのも無常
産なあなたの声に酔って

夜明けの空には明星が光るの

 

めっちゃ韻踏んでる…かっこいい…

もうこの歌詞だけでもいきものがかりに詳しくない方が見たら「え?いきものがかり?!」ってなります。僕もなります。そこが好きです。

 

 

次、「くちづけ」

この曲のやばいところは何と言ってもワルツ調の3拍子。いや正確にはこれは3拍子ではないかもしれません、音楽の専門的な知識はありませんのでもしかしたらこれは何分の何拍子的なやつで3拍子ではないかもしれない。でも聴いた感じズンチャッチャズンチャッチャの3拍子に聴こえるのでそうしときます。違ってたらゴメンナサイ。

 

そう、僕はワルツ調が大好きなんです。

かっこいいから(小並感)

 

うーんなんて言うか、人間って結構4拍子で動いてるじゃないですか?ワンツーさんしっ!って感じ。でも3拍子ってずっといちにっさん!いちにっさん!なのにすごい秩序が保たれてると言うか、崩れそうで絶対崩れないじゃないですか!(全然説明になってない)

矛盾してるかもしれないけど"整った変拍子"って感じです!

あーーすみません語彙力が仕事してない〜〜〜

あと、ギターが良いですね。アコギ、エレキ、共に良い味が出てます。流石です。

 

「夢の中で逢える」

信じるあたしの思いは虚しさを誘うだけ

いつも愛してると誓った

あなたの言葉に曇りはなかった

 

なんだか大人ですね。全体的に悲しい歌詞で、曲調と絶妙にマッチしてます。

 

 

 

最後は「花は桜 君は美し」ですが、、、

これ説明いりますか?w

勝手にこの曲有名だから紹介とか力説とかいらないんじゃないかって思ってます(本当に勝手)

 

まあ簡単に言うと

前奏ピアノ綺麗→ジャジャッとアコギからの賑やか、バンドサウンド〜〜→意外と早い歌詞の流れ→歌唱力素晴らしい→最高

と、簡単かつわかりやすい図ができます。

この曲は特にドラムが素敵だなって思います。アコギよりもピアノよりもまさかのドラム。好きなドラムラインを追ってしまう癖が完全に持っていかれた一曲です。

 

 

 

以上ここまでが僕的に好きないきものがかりの曲たちでした。約2800字…論文の一章分ぐらいある気がする。引くわ(笑)

 

でもすごく書いてて楽しかったので、ちょいちょい好きな音楽(主にバンドだけど)の事書いていきたいと思います。ネットの検索とかでこれからいきものがかりのこと調べた人がこのページにたどり着いたら面白いな、、、(笑)